中東料理に首ったけ!Pereiraとしては濃ゆい男を作るために、まずは中東料理を食べたまえ~!

 

まずは中東料理ってなんだろう?というわけで簡単な説明から

「イラン料理・パレスチナ料理・シリア料理・ヨルダン料理・レバノン料理・トルコ料理・エジプト料理」など、この近隣諸国も似通ってはいるが基本的には共通するメニューが多くイスラム圏であるためハラルーフードを用い、カラフルなスパイスを使用し、エキゾチックな料理が振舞われてい ます。一部の国を除いては飲酒ができません。 食後にシーシャを楽しむ傾向がありますね。
後は日中の高温から体を冷却させるような前菜も工夫されています。

イメージとしては羊肉を中心とした肉料理シシケバブが有名ですが、味付けは薄めで、オリーブオイル、レモン汁、塩、こしょうなど使い、または香草と香辛料、ヨーグルトなどで作られるものが多いでしょう

ブドウの葉でつつんだ料理ミハシー・羊肉のケバーブやキョフテ・ジャガイモやひよこ豆を煮こむアーブグーシュト・ひよこ豆をペーストしたフムス・ひよこ豆のコロッケのファラフェル・焼きナスとタヒニのペーストのババガヌーシュ・フェヌグリークの葉、ニラ、パクチー、大根の葉などの青物 をペーストし煮込んだサブジ・ナスやズッキーニグラタンのムサカ・長時間煮込む料理のホレシュ・なすと羊肉のホレストバーデンジャーン セロリと牛肉・レンズ豆と肉を使ったホレシュトゲイメ・鳥肉をすり潰しクルミのペーストとザクロなどのフェセンジャーン 主食はパンはナーンや薄いチャパティー風やら米は湯取りや炊き込みしたり、おこげのタフディーグも有名です。 デザートはバラク―ワ、ハラーワ、クナームなど、きりがありませんが、まぁ~とにかく感動します!

Daddy山がエジプトに行ったときは正直「エジプト料理ってこんなものか~」って思うほど、そんなにインパクトはなく特別変わったものがあるわけではなく、現地の人に聞いたら「レバノン料理が美味 いぞ!」って教わり、エジプトなのにレバノン?ってことで
レバノン料理屋を訪ねてみた思い出があります
もしかすると、周辺アラブ諸国のなかではベジメニューが多い気もします。

中東各国の料理を画像でご紹介します。

各国で名称は違うものの、肉料理、魚料理、主食、前菜、飲み物、漬物、デザートとバラエティーに富んでいますし、病みつきになってしまうのもわかりますね~

画像をご覧ください~!

まずはゴルメサブジ

こちらはドルマデス (マハシー)

こちらはムサッカ

こちらはケバーブ

こちらはマンサフ

こちらはファタイエル

こちらはコフタのトマト煮

こちらはサンブーサク(サモサ)

こちらは Persian Lamb Shank

スポンサードリンク
スポンサードリンク