Daddy山が薦めるEXOTICで世のお姉さま達をもメルトダウンさせちゃいそうな、最高の曲を特別に紹介!

*春夏秋冬いつでも関係なく、とにかくBGMひとつで、それはまるで危険なフェロモンのように。。そんな無言の武器を最大限に生かしてほしい~
今回紹介する曲は 「ラテンジャズ」・細かく分ければ デスガルガ・マンボ・チャチャチャ・ブガルー・サルサ・ソン・モンド・エキゾチカなど
1950~60年代に作られた作品 華麗で妖しく・時に激しく・滑らかに~と、一度耳にすると腰元がグラインドしてくるのは何故だろう?
モヒート片手に踊ってみてはいかがだろうか

 

カル・ジェイダ- / Cal Tjader

彼の名前は「カル・ジェイダ-」 ヴィブラフォン奏者です。ラテンジャズ・レアグルーブで探してみるといいと思いますよ!
1925年7月16日 アメリカセントルイス州ミズ-リ生 1982年5月5日、演奏ツア-先のフィリピンのマニラで心臓発作の為お亡くなりになられました。

100枚近いアルバムを出していますが、 50年代後半の Fantsy Records の頃をピックアップしてみましょう!

まずは Cal Tjader / Mambo with Tjader

中でもA-side 1曲目の  Mamblues はシビレます~  流れるようなビブラフォンに小気味いいティンパレスとカウベルの刻みがニヤケテしまいますよ!

そして2枚目 Cal Tjader Quintet  / Philadelphia mambo

B-side 1曲目 Philadelphia mambo   ミディアムテンポでこれもまた気持ちのいい曲・オリジナルは Tito Puenteかな?

さらに3枚目 Cal Tjader Modern Mambo Quintet / Ritmo Caliente

B-side  2曲目 Lamento De Hodi はフルートの戦慄とジェイダーのVibの掛け合いがエロいですね。 気持ちいい~1曲

さらに4枚目 Cal Tjader / San francisco Moods

A-side 2曲目 Raccoon Straitsは ドライブ感がいいです。イントロから急に転調してはじまるメロディーにクールさを感じますね。
4曲目 Sigmund Stern Grooveはベースから始まる渋さにやられ、アップテンポのジェイダーのVibにまたやられちゃいますね。。

The Cal Tjader Quartet (Fantasy, 1956) #3213
Mas ritmo caliente (Fantasy, 1957)  #3216Mambo With Tjader (Fantasy, 1957) #3202

Cal Tjader’s Latin Concert (Fantasy, 1958)Latin for Lovers with Strings (Fantasy, 1958)San Francisco Moods (Fantasy, 1958)
Demasiado Caliente (Fantasy, 1960)

ルイー・ラミレ / Louie Ramirez

二人目は Louie Ramirez 名前はルイー・ラミレ生年月日:1938年2月24日
出身地:マンハッタン死没:1993年6月7日 (55歳) ユニット名はLouie Ramirez and His Conjunto Chango

ヴィブラフォン奏者であり、アレンジャーとしても一流なルイ・ラミレスがTICOに残した1966年の名盤

A-side 1曲目 Chin Chon Chow アジア人にとってみれば、人種差別的なタイトルですが、許しましょう~ 歌ものですがすごくカッコいいですよ!
B-side ラストの曲  Rush Hour in Hong Kong このアルバム唯一のマリンバが聞ける曲 TjaderのSigmund Stern Grooveのベースラインとも似ていて
これもまたアップテンポでクールな1曲!

Louie Ramirez /Vibes Galore (Alegre Records 1965)

スポンサードリンク
スポンサードリンク